<   2008年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

土曜あたりからの
「オヤシラズ」の痛みがピーク。
唸りながらのレッスン三昧。
とにかく寝るべし。
「ヨメシラズ」とか
「ダンナシラズ」のほうが
含みがあっていいのに。
いらんことゆうてんと
さっさと寝ましょう。


PUはずすため
M-Factoryにギターを送る。
慣れない梱包に手間取り
とにかくテープでグルグル巻きに。
そのうち「ほ~らほら」とか
妙なセリフを吐きつつも
"仮性"気味な仕上がり。
こりゃ大屋ギター工房にて
"まずは梱包見習いから"
"コンポーズ"は少しは
ましなはずなんですけど。
a0334793_16372601.jpg

京都のブルーズギタリスト
"田中晴之"さんの演奏を
10年ぶりに聴く。
見てもわからんかったけど
音出た瞬間に「田中さんやんけ」


久々に真昼間のレッスン。
カセットテープの音源持ってくるも、
カセットハーフのトラヴルにて再生不可。
キュルキュル音がして止まる
のくりかえし。
十何年ぶりかのこの体験。
ばらしてカセットハーフの入れ替えを
よくやったもんです。


体験レッスン。
30年ぶりにギター持って
そんだけ覚えてたら
楽勝いけまっせ、
などという内容。



レッスンの1日。
みなさん楽器との距離が
近くなりええ感じです。


Ken Oya Acoustic Guitars
にてナベの宴。
呑み倒し、喰い散らかし、
喋り倒し、弾き倒しの3日間
伊藤賢一さんペアの
作るナベには言葉を失い、
建さん作の野趣あふるるローストビーフに
ケモノの血が呼び覚まされ、
美那さん作のネパールカレーで
遠い異国の文化の匂いに
思わずトリップし、
ピックアッパー三好さん持参の鮭に
「ひと切れ4500メートルやな」
などと一人悦に入ったり。

外は氷点下6度という
寒さにもかかわらず、
あの伝説のロフトセッションのような
「ここから何かが生まれるかも」
などとなにか"熱いもの"を
感じずにはいられない
空間でした。

一方初里帰りの我が愛器は
というと到着するやいなや
サケに酔った複数のオトコ達に
しつこくいじくり回されたり、
翌日にはピックアッパー三好氏の
「今から器具を使って」
という突然の言葉に
恐れおののき、
「まだ気持ちの整理が」
「せめてシャワーを」
などとつぶやくも
「さ、行きましょう」
とズンズン連れて行かれ、
あんなことやこんなことを・・・。
これ以上は涙で曇って
書けませんな笑。

というわけで
ピックアップ仕込みました。
三好さんありがとう~。
次のライヴから
大屋ギター登場します。
a0334793_16281644.jpg
a0334793_16282660.jpg
a0334793_16283879.jpg
a0334793_16284618.jpg

相方の某資格合格祝いということで
近所のステーキ屋へ。
”レアで”と注文したら
限りなく”レア”なステーキが出てきて
なかなかにケモノじみた気持ちを勉強。
ステーキというよりも
それはなんとも”大ユッケ”な感じでした。
まあよろし。


高岳「ひまわり」にて
アニさんサキちゃんの誕生祝
+新年の宴。
横山さんとも初セッション。
明日は大屋ギターの
初里帰りで伊那へ、
そして豪華メンバーでの宴。
いやまあ、セッティングとか
ピックアップについて詰めに
行くという題目の旅では
ありますが。


震災から13年
自衛隊員だった友人が
現場から
「地獄です、ここは」と
携帯に電話してきた事を
今でも思い出す。

そして悲しみの人たちの声は
復興の唄でかき消される。
いつの時代もこれが常。