<   2016年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ブルースラグタイムに加え
キューバのソンなんかの哀愁の匂いも漂う
加藤さんの音楽をジョイントライブで堪能。
いつもの酒シリーズも久しぶりにセッション。
あとは酒を飲むだけの名古屋の夜。
a0334793_23562299.jpg
a0334793_23563503.jpg
a0334793_23415082.jpg
a0334793_23444072.jpg
ライブ予定詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp


ギタリストの指が攣り曲は止まり
懸命に伸ばすも収まる気配もなく
客席は一気に静まり返り皆が固唾をのみながら見守る。
私も経験があるのでその気持ちは大いにわかる。
しかし何があろうとも舞台の上は
あくまでその人の支配する場であり
外野が一切手を出すところではない。
ただただ祈るように見守るしかない時間が過ぎてゆく。
攣りも収まり曲を変えて一気に終演へ。
客席全員が祈るように聴いていたのではないだろうか。
そして遠慮気味のアンコールの拍手に
「まだやらすんかおのれら」と笑いながら私とのセッションともう一曲ソロで終演。
矜持ともいうべき先輩ギタリストの姿勢に震えました。
後進に伝えることはこういう姿勢なのかもしれません。

この方をはじめて観たのはもう40年程前の
京都のとあるコンサートで見たバッキングプレイ。
高校1年生の自分はそのかっこいいバッキングプレイに
おおいに魅了されてフレーズをコピーしたものでした。

まあいつもながら大酒飲み振りを発揮して
ベロンベロンで沢山話して
帰宅4時といういつものパターンでしたが
あれこれと押し付けることも全くなく
ライブ姿勢と飲みっぷりで背中を見せつけてくれる
岡崎倫典さんでした。
a0334793_01505378.jpg
a0334793_23123909.jpg

a0334793_10064280.jpg
<岡崎倫典> http://www.rynten.com/

次のライブは
・11月29日(火)
名古屋/今池 Valentine Drive
加藤政彦・竹内いちろ

・12月2日(金)主催
三重/四日市 久茂
伊藤賢一 生音ライブ

・12月9日(金)
三重/四日市 BAR EAST
ソロライブ

・12月10日(土)
京都/宇治 Bar海人
生音ソロライブ

・12月11日(日)
奈良/ならまち ごはんカフェ にこちゃん堂
生音ソロライブ

ライブ予定
詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp



地元企画第3弾!
名古屋在住歴もあり現四日市在住の鉄道旅を愛する線路マニアな
トラベルギタリスト「竹内いちろ」。
インストゥルメンタルから歌ものバック、サポートから自身の
ユニット、レコーディングと多才なギタリスト。
そして名古屋出身在住のラグタイムブルースを得意とする
シンガーソングライター「加藤政彦」。
憂歌団の前座や木村充揮氏、関西のブルースシンガーアズミ氏の
アルバムに楽曲が収録されるなど親交も深い
昨年発売された3rd album「BARBER大岩」ではゲストに
竹内いちろ他を迎え収録。
酒、ギター、ブルース、楽しみなライブになること間違い無し!
皆様のご来場お待ちいたしております。

2016年11月29日(Tue)
@名古屋今池valentine drive
OPEN18:30 START19:30
Music¥2000 ※飲食別途

ご予約
◆MUSIC FIELD tel 052-752-2346
mail: info@music-field.com
※件名に「竹内&加藤」本文にお名前と参加人数を明記ください。
a0334793_02190807.jpg
次のライブは
・11月29日(火)
名古屋/今池 Valentine Drive
加藤政彦・竹内いちろ

・12月2日(金)主催
三重/四日市 久茂
伊藤賢一 生音ライブ

・12月9日(金)
三重/四日市 BAR EAST
ソロライブ

・12月10日(土)
京都/宇治 Bar海人
生音ソロライブ

・12月11日(日)
奈良/ならまち ごはんカフェ にこちゃん堂
生音ソロライブ

ライブ予定
詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp

8月に訪れて楽しい時間を過ごさせていただいた
台北の奇想楽器さんからメールが来て
ギター紹介サンプル動画に
私の「黒の森」が使われていてびっくり。
あの奇妙な曲を一生懸命コピーしてくれたのかと思うと
なんだか胸が熱くなります。
次回の訪台北時にはきちんと弾けるように
練習しておかねばなりませんね。

<吉他小知識-面板篇> 奇想樂器
https://www.youtube.com/watch?v=FmVnvxCyZhE

a0334793_02090765.jpg
a0334793_01554407.jpg
a0334793_02084770.jpg
ずいぶん昔の演奏



ライブ予定

http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp



懐かしきトリチューリップの唐揚げ。
子供の頃チューリップは大変なご馳走でした。
a0334793_07141544.jpg
胸肉の唐揚げ。
唐揚げは胸肉の方が美味しい。
a0334793_07143097.jpg

野分十弦夢名無しと参加ユニットを合体させたライブ。
メンバーのスケジュールなかなか合わずに
個別のリハーサルを重ねつつ
全員揃ってのリハーサルは本番前日。。
それでも信頼するメンバーの演奏は素晴らしくて
音源聴きながらなんだか涙してしまいます。
わがままバンマスの選曲に付き合ってもらって
心から感謝です。
くしくも54歳の誕生日に
いいライブが出来たこと嬉しく思います。
4人の野分次回は春あたりに。。。

次回の野分は1月29日(日)名張で。
http://ichiroblog.exblog.jp/23347523/

<卒業写真 野分4>
https://soundcloud.com/nowaki/sotugyou
a0334793_23033919.jpg
a0334793_23035295.jpg
1.とんび
2.WoodStock
3.波に祈る
4.やさしい気持ち
5.星と雲
6.遠くほたるをながめて
7.蘇州夜曲

1.パリの空の下
2.ひまわりのテーマ
3.イパネマの娘~ワン・ノート・サンバ
4.どうぞこのまま
5.卒業写真
6.朧月夜~ムーン」・リバー
7.いい日旅立ち
8.故郷
9.オール・オブ・ミー

ライブ予定詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp



個別のリハを重ねつつも
やっと全員が揃った野分4リハーサル。
2あり3あり4ありと
なかなかに実験的なライブですが
どんなサウンドになるかが楽しみです。
基本はこの2人の音ですが
https://youtu.be/Z7hvNArFXyI
他の楽器を迎え入れる事で
音の世界が広がってゆくのが楽しいです。
続きはライブでね。。。
a0334793_02001076.jpg
次のライブは
<11/20野分と十弦夢が合体+バイオリン@四日市SixtySix>
http://ichiroblog.exblog.jp/23332575/

・11月29日(火)
名古屋/今池 Valentine Drive
加藤政彦・竹内いちろ

・12月2日(金)主催
三重/四日市 久茂
伊藤賢一 生音ライブ

・12月9日(金)
三重/四日市 BAR EAST
ソロライブ

・12月10日(土)
京都/宇治 Bar海人
生音ソロライブ

・12月11日(日)
奈良/ならまち ごはんカフェ にこちゃん堂
生音ソロライブ

ライブ予定
詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp



ラインでアンプリファイドするのも
届けるという意味では
生音とは違った部分で大いに利点があると思います。
ではラインでタッチを研究するには?
私の考えですが
ラインで出した時にザラザラする帯域が重要です。
普通そこをEQなどで削ってしまって
リバーブなどでごまかしてしまうのが大半なのですが
それではペラペラの貧しい音にしかなりません経験上。
そのザラザラするうっとおしい帯域は逆に大変美味しい帯域なんですね。
サックスなんかでいうと唾のジュルジュルいう音域あたりかも。
本人的には聴くのも嫌なんですが
あえてそこをブーストして
嫌なザラザラをコントロール出来るタッチに持ってゆきます。
私はラインサウンドも大好きです、あくまで気持ち良い音ならば。
このあたりは練習というよりも研究の部類です。
私は個人的には楽器の生音を大切にしていますが、
ラインでもええ音出たら皆気持ち良くて幸せですから。
ラインサウンド研究生募るって感じですかね笑。

次のライブは
<11/20野分と十弦夢が合体+バイオリン@四日市SixtySix>
http://ichiroblog.exblog.jp/23332575/

・11月29日(火)
名古屋/今池 Valentine Drive
加藤政彦・竹内いちろ

・12月2日(金)主催
三重/四日市 久茂
伊藤賢一 生音ライブ

・12月9日(金)
三重/四日市 BAR EAST
ソロライブ

・12月10日(土)
京都/宇治 Bar海人
生音ソロライブ

・12月11日(日)
奈良/ならまち ごはんカフェ にこちゃん堂
生音ソロライブ

ライブ予定
詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp



あれは39年前中学2年生14歳の冬2月だったか。
2人連れ立って友達の家に行くと
そこにギターが。
一緒に行った友達がそのギターを手に取るや否や
やおら井上陽水さんの
「東へ西へ」のイントロを弾き出した瞬間の衝撃は忘れられません。
なんやねんと頭に血が上ってその場で
AmとEmを教えてもらって
友達の兄貴のギターを無断で
1000円で売ってもらって笑。
ネックなんか反りまくりで
12フレットで弦高1センチ以上あったようなシロモノでしたが
早速なぜかギター弦を売っていた隣町のレコード屋に
息を切らせてマーチンのコンパウンドゲージを買いに行って
張り方もわからないままとにかく弦を張って
熱にうかされたように弾いていました。
39年前のあの弦を買いに家を飛び出して
走って走って家に帰るまでの
心臓が口から飛び出しそうな昂ぶった気持ちは
忘れたくありません、いや、
どうやっても忘れ得ませんあの日の事は。
そのままこうやって来れている事に感謝です。

次のライブは
<11/20野分と十弦夢が合体+バイオリン@四日市SixtySix>
http://ichiroblog.exblog.jp/23332575/

・11月29日(火)
名古屋/今池 Valentine Drive
加藤政彦・竹内いちろ

・12月2日(金)主催
三重/四日市 久茂
伊藤賢一 生音ライブ

・12月9日(金)
三重/四日市 BAR EAST
ソロライブ

・12月10日(土)
京都/宇治 Bar海人
生音ソロライブ

・12月11日(日)
奈良/ならまち ごはんカフェ にこちゃん堂
生音ソロライブ

ライブ予定
詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp



ギタリストの脱力とネットで引いてみると
うじゃうじゃと出るわ出るわ脱力マニュアル。
皆さん必死になって脱力を追及しておられます。
力が抜けていないことがまるで悪のよう。
果たしてそうなのでしょうか??
案外どうでもいい事なのかもという視点も持たないと
いわゆる脱力ビジネスのいいカモなだけかもしれません。
脱力が善という考えは捨てた方がいいと思います。
脱力の定義とは何でしょうか、
誰か教えて下さいな。

稽古前にギターに
「オノレナメンなよコラ!」と恫喝すると
少しはチカラは抜けますけどね笑。
蹴りぐらい入れてもいいかも知れません笑。

<脱力についての戯言>
http://ichiroblog.exblog.jp/22363580/

ライブ予定詳細
http://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp