初めて触れたヴァイオリンはアマティ作。

お昼自治会長さんにバイオリン奥村さんとステーキランチをご馳走になりその後リハ。
1927年昭和で言うと2年製という
バイオリンの音色が素晴らしい、もちろん奏者の技量あってのことですが。
それでもまだまだ若いとのこと、ギターの比ではありません。
私がはじめて触れたバイオリンはアントニオ・ストラディヴァリの師であるというアンドレア・アマティ作のものでした。
それにしても1500年代の楽器というのは。。。。。。
当時よくご一緒していた奏者の楽器で、ある時いちろくん弾いてみなーと渡されたわけですが、
悲しくもぎーという音しか出せなかった覚えがあります、その人が弾くとそれはもうえもいわれぬ豊かな素晴らしい音色でしたが。。。
よい楽器の音をを体感することは大切といつも生徒さんに伝えています、その点で私は恵まれているなと思います。

まだだいぶ先になりそうですが、楽器屋のレッスンを辞めることに決める。
もともと中学生で出会ったギターですが、プロを目指してなんてことは思ったことはなくて。
ギターが好きで好きで弾き続けていたら知らん間にこうなっていたという程度のもんで。
子供の頃の夢は旅人になりたいというものでしたそれは今でも、まあギター抱えた旅人でええんちゃうかということで。
来年からはそういう感じで生きていきます。
どないしていこうかなとあれこれ考えると楽しくて仕方ありません。
やりたいようにやるのみです。

シマムラレッスンから帰って自宅レッスン、あれこれ話して2時間くらいか。
あれこれ多忙で実際楽器を持って練習できなくてもそんなことはさほどかんけいありませんよと。
あなたの中の音楽が育つことこそが重要で、そうなればええ音なんか勝手に出てくるもんですよと。

先日のたかじん委員会、田島先生あれあれどうしたんと、時代はどんどん変わってるなと。
テレビを排除してずいぶん経ちますが今ごっつおもろいなというサンテレビの番組カツヤマサヒコShow、
たかじんともども周回遅れでネットでみてるけどこれは画期的な番組、おもろい。

竹内いちろフェイスブック(基本承認します)
https://www.facebook.com/KazumichiTakeuchi

竹内いちろツイッター(基本フォロー返します)
https://twitter.com/ichirogtp

ホームページ 「Ichiro Takeuchi Online」
http://mrgtr.web.fc2.com/

by ichirogtp | 2014-10-30 08:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)