歌うように弾くためには?

呼吸を司る事、それだけ。

今日は珍しく自宅レッスン4人
演奏時の呼吸について話しました。
譜面や楽器や手元に囚われてしまって
浅く短い呼吸になっている人が
ほとんどで、その状態では
酸欠演奏になる事は必定。
逆に酸欠状態は自ら作り出すもの。
自律神経任せではあきません。
まあそんな話と実践をこってりと。
結果はわかりきった事で
演奏の流れが皆良くなりました。

呼吸も練習が必要です。
何せ自律神経に逆らうのですから。
「ギター演奏におけるラマーズ法」
とでも名付けましょうか笑。

<2018/8/24(金)竹内いちろソロ@四日市SIXTY SIX>

竹内いちろライブ予定
https://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

竹内いちろプロフィール
http://ichiroblog.exblog.jp/21486315/

竹内いちろアコースティックギター塾 名古屋栄・近鉄四日市駅前
https://ichiroblog.exblog.jp/21494388/

Sound Cloud 竹内いちろ音源
https://soundcloud.com/ichiro_takeuchi

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp

by ichirogtp | 2018-08-21 23:55 | 教室 | Trackback | Comments(0)