昭和30年台のちゃぶ台とネジ式掛時計に思う。

a0334793_01080232.jpg

昭和36年築の我が家に
昭和30年台のちゃぶ台と
精工舎のネジ式掛時計がやって来ました。
どちらも我が家にはぴったり合います。

時計は振り子がパカッと外れていたので
修復しネジを巻き上げ走行実験。
振り子を調整すると時間のズレも無く
その完動具合に思わず感動します。

コチコチと時を刻む音も
毎時と毎時半のボーンという
鐘の音も心地良い音がする。
金属のメカニズムと木の箱の合わさった音は
まるで良質のギターの音の様です。

「何か」に振り回されて
生きざるを得ないこの時代に
「何か」を思い出させてくれます。

所詮人はアナログなんだと思っていて、
そのアナログな揺れを棄て去り忘れると
知らぬ間に病んでゆくように思います。
20台30台の自殺率がトップだという
現在の我が国に希望を見出す事は
私には難しいと思っています。
悲しいかなこの傾向は今後ますます
加速して行く事でしょう。
a0334793_01260516.jpg

竹内いちろライブ予定
https://ichiroblog.exblog.jp/21489821/

Real Acoustic Guitar Live 自宅ライブ予定
http://ichiroblog.exblog.jp/21775789/

竹内いちろプロフィール
http://ichiroblog.exblog.jp/21486315/

竹内いちろアコースティックギター塾 名古屋栄・近鉄四日市駅前
https://ichiroblog.exblog.jp/21494388/

Sound Cloud 竹内いちろ音源
https://soundcloud.com/ichiro_takeuchi

インスタグラム(フォローリムーブお気軽に)
https://www.instagram.com/ichirogtp/

フェイスブック(フォローリムーブお気軽に)

ツイッター(フォローリムーブお気軽に)
https://twitter.com/ichirogtp

by ichirogtp | 2018-12-07 01:37 | 道具 | Comments(0)